« 【北陸本線】 おかえり | トップページ | 【北陸本線】蛙の鳴くのころ »

2013年5月26日 (日)

【城端線】過疎化という逆境の中の活力

40

高齢化社会が進む世の中、都市化も進み郊外の街は活気を失いつつある。

しかし、それでも街は生き続けている。

街に活気を取り戻すために様々な方法で取り組んでいる。

そんな城端線の沿線には今、カミツレの花が満開だ。

「カミツレ」。カモミールの花言葉は、「逆境の中の活力」。

今、沿線高岡・砺波・南砺市の積極的な観光アピールが、

城端線回帰の活力になっていることを象徴するように咲いている。

JR West Type KIHA 40

at Jyohana Line

※若干のトリミング有

|

« 【北陸本線】 おかえり | トップページ | 【北陸本線】蛙の鳴くのころ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【城端線】過疎化という逆境の中の活力:

« 【北陸本線】 おかえり | トップページ | 【北陸本線】蛙の鳴くのころ »